ねたてつの撮影記

今年もおわりへ。

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 撮影記  

募る思ひ

DSC_6199.jpg

また雪国に行きたい。

只見線は冬景色が一番似合う。
Category: 撮影記  

癒しの漁港風景を求めて

DSC_6533.jpg

DSC_6538.jpg

DSC_6541.jpg

DSC_6537s.jpg

DSC_6540_20170204213311d86.jpg

DSC_6542.jpg

今日は天気が良かったので三浦半島へ

のんびりとした朝の漁港の風景。

海鳥の声と波の音が響き渡る平穏なヒトトキ。

出会った瞬間を写真に大切に切り取って。

この光景が本当に大好きです。
Category: 撮影記  

回想



いなかにかえった

なつの おもいで。

Nikon FE *Kodak colorplus200
Category: 撮影記  

哀愁を乗せて

DSC_5780.jpg

夕刻。

山里の小さな駅を発ち、列車は人々を家路へ運ぶ。

哀愁も乗せて。

(小湊鉄道)
Category: 撮影記  

胃腸炎明け

DSC_6249.jpg

昨日から突然おう吐が止まらなくなってしまい病院に行ったらウイルス性胃腸炎。。

体調には気を付けたいこの頃です。

さて今日は病み上がりの身体を叩いて夕日を眺めに近所の江戸川へ。

死ぬほど辛かった前日の体調もこの景色を見ると心が洗われます。

のんびりと黄昏ながら、ガタゴトと橋梁を駆け抜ける野田線をカメラでパチリ。

冬の夕焼けは空が澄んで素晴らしいです。
Category: 撮影記  

雪晴れに誘われ



日本随一の豪雪地帯で知られる福島只見地区。

秋にも一度訪れたこの場所へ訪れてみると、辺りは一面雪のカーペットで覆い尽くされ別世界へ。

この時期には珍しい晴天に恵まれて、見渡す限り白の大地が一際輝く。

雪国の光景は神秘的です。

(只見線)
Category: 撮影記  

雪の只見線へ!

DSC_6202.jpg

いざ念願だった雪の只見線へ。

まるで夢でも見ているかのよう。

必死に雪山を登って眺めると、そこには素晴らしい絶景が。

すべてが白に包まれ宝石のように輝く世界。

写真の神様、ありがとう。
Category: 撮影記  

おとぎ話の世界に迷い込んだかのように

DSC_5685.jpg

DSC_5686.jpg

DSC_5687.jpg

DSC_5786.jpg

山奥の小さな駅。

もう何もかもがゆるくて可愛くて。

まるでおとぎ話の世界に迷い込んだかのよう。

(小湊鉄道)
Category: 撮影記  

旅の癒し

DSC_5783.jpg

今日は小湊鉄道へ。

列車に揺られ山里のちっちゃな小駅に降り立つと、改札口には竹ぼうきが。

可愛くて哀愁漂う光景に思わずカメラを取り出しパチリ。

何気ないローカルな風景が旅人を癒してくれます。
Category: 撮影記  

春に向けて

DSC_5565.jpg

年始もようやく落ち着いてきました。

今日はのんびり銚子へお出かけ。

冬はどこに行っても殺風景の田園風景広がりますが、

この地帯は一変して春キャベツに向けて一面キャベツ畑が広がります。

昼下がり。

1時間に1本しか来ない銚子電鉄の沿線でのんびり電車を待っていると

後ろから挨拶の声とともにキャベツ農家のトラックがやってきます。

「こんにちは。」

穏やかな晴天の下、踏切を渡って自分の畑へ向かうトラックをゆるくパチリ。

春キャベツの出荷が待ち遠しいです。

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。